”Wonderful! food marche♪”について。

”Le temps riche”=ルタンリシューは、”美味しい”ということ以外に”作り手”の熱意も紹介することが出来て初めて、食事を通した”豊かな時間”を作っていけると思っています。

それは何故か?

食事に関わらず、想像を伴う物事は人の心の琴線に触れる力があると、これまでの経験から確信しているからです。

そこから生まれる感動は記憶として残り、いつまでも輝いていきます。

ただ、それを感じるには料理を味わうだけではなかなか難しい部分もあります。

どうしたら美味しく召し上がって頂けるか。

サーヴィスマンとして、料理人と仕事以外でも語り合ったり、時には営業中にお互いの意見をぶつけあって一触即発の状態で一皿一皿のベストを追い求めたり、それこそ年齢差も関係なく向き合ってきました。

料理人としてもまた、ひとときの喜びのために費やす膨大な時間と技術、経験してきたモノを一皿に込めてお客様へ。

”素晴らしいと感じるモノを提供する”

何時だって味わえるありふれたモノの中でも質の高いモノと出会い、紹介する。

初めて味わうモノ、どこを見渡しても他では出会えない唯一のモノを紹介する。

そこに心の琴線に触れる何かがあると信じています。

そして作り手にも、お客様の心の琴線に触れた瞬間の様子を伝えることが更なる”豊かな時間”への一歩となると信じています。

本気で美味しくて、真剣に紹介したいモノを探し続けます。

”Wonderful! food marche♪”はそんな質の高いモノ、唯一のモノと出会い、多くの人へ紹介するための作り手とお客様のためのプロジェクトです。

 

”Person”へ。