おうち時間の楽しみ方①

おうち時間の楽しみ方①

今、仕事が休業していると前回お伝えしましたが、
30を過ぎてまだまだやりたい事の尽きない僕には仕事がお休みでありがたい事もたくさんあるんですねー。

家にいる間は子守りもしながら仕事の準備もして、
片道40分くらい掛けて仕事してって感じで過ごしていたわけですが、
仕事が占める時間約9.5時間(休憩とか仕事前後の諸々)と仕事への往復1時間半くらいだから、
睡眠時間を差し引いても、なかなか他に費やす時間が足りてなかったわけですから、
いつまで続くか分かりませんが、
この時間を上手く活用してやりたいことのアクションプラン的な?見直しをしたり、
次なる手の打ち方をじっくり考えたり、
またパタパタし始めた時に停滞しないようにある程度自分自身を自動化していける仕組み作りを考えたりしています。

と言うのも、20代前半くらいの頃に今の自分を想像して、
目標を立ててクオリティはともかくなんとかその通りに進んで来られたけれども、
コロナでスピードが緩んで立ち止まる機会が出来たおかげで、
気が付いたら40代以降の事は具体的にイメージしていなかったなと気付いてしまったんですね。
これって結構大事な事に気付いたと思っていて、
若い頃は憧れの先輩や上司が目の前にいてくれたおかげで何も考えずにその人たちの真似をしてたら良かった事がたくさんあったけど、
自分がその当時のその人らの年齢になっていたり、歳や立場で追い越した状況だったりするんですよね。
そうすると僕は当時のサンプルとしてた人たちと比べてどうなんだろうかと。
後に続いてきてる人らに、
僕がそうであったようにサンプルとしてくれているのか?とか。
気付いたら有名人著名人を参考にしているけど、
実際自分の立場で考えると非現実的なわけだから、もっと現実的なところで次のサンプルとなる人を探して、また年齢なりの自分を構築する必要があるなぁと。
不惑に入る前にもっともっと地に足つけて、足場を固めないと惑い続けるだろうから、コロナは僕にとってちょうど良いタイミングだったかもしれません。

幸いにも、大波小波を乗りこなして、時には舵を切れずに流される時もあったけれど、なんとかやりたいことで生活させてもらっているので、
これからもやりたいことをやり続けるために「自分の自動化」をおうち時間を活用して設計します。

KK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA