チームワーク

チームワーク

こんにちわ! しばらく暖かい日が続いている沖縄です。
ドライブしたり外に出て過ごすと気持ち良いですよねー( ^∀^)

さて、お家時間の続きといきたいところですが、小休憩。
先日仕事でふと思ったことがあったので書き留めようと思います。

僕は多くの人数を抱える会社の1チームを前線で牽引する役割を与えてもらってます。
個人的に今の職業に自分の人格や様々な視点、経験を与えてもらって今があると感じているので、業界への恩返しのつもりで、
自分の人生プランから見てちょっと寄り道なんですが、数年ここで時間を費やしてます。
その意味は、後輩の育成であったり、
立ち上がったばかりのチームの枠組みを作ったり、
チームの基礎となっているコンセプトを伝える役目は沖縄にいる誰よりも適役だと自負しているから、などなど。

僕らのチームは新卒や20代前半のメンバーが多く、30代の僕にはなかなかギャップを感じることもあったりしますが、
何かしら相違があれば、まずはそこで一度受け止めて、返答の仕方を考えたり。。
同年代ではあまり考えないような事を考えるのは頭の体操にもなって良いですよね。笑

そんな年齢的なギャップがあるチームは、末端のメンバーでも意見が言えるように風通しを良くするという会社の方針があって、
それがまぁ、良くも悪くも浸透していて、新卒でも噛み付いてきたりします。笑
それに関してはいろいろな思いや意見もあるわけですが、
僕らは有難いことに全体共有する目標があるので、それをベースとした物言いなら全然構わないわけです。
やらされているだけでは絶対に出てこない物言いなわけですから。

端的に言えば、
甲子園出場ではなく最初から甲子園優勝を狙っているので、逆にそのくらいの方がちょうど良いわけです。
自分からアクション出来ないメンバーは離脱していくくらいの熱量がチームにはあって、感化される人とそうで無い人にもちろん分かれますが、
目標達成の為には必要なのです。

なんだか話の筋が定まってないですが、
そのまま書き綴ります。笑

えっと、ほとんどの人が大なり小なりチーム(自分なりの社会)を形成していくことになるのですが、
その根っこにあるのは自分の人格だと思うのです。
上手く動いているチームはやっぱり監督やリーダーとなる人がしっかり筋が通っていて、
それをチームメイトが理解し、行動しやすくなっているから、連動性がある。
だから一方向をみんなが向けてスクラムががっしり組めるからどんな壁にも立ち向かってそれを乗り越えることが出来るわけです。
そこに至るのには紆余曲折してる姿を時には見せて共感してもらったり、
涼しげに難しいことをクリアしたり、人間味のある姿と、何よりもきちんと結果を示しているかが大事だと思っています。

僕のいるチームはとても良いチームなんです。
が、社会構造のセオリーとして仕方のないことですが、もちろん熱量に付いてこれない人もいます。
そんな時あなたならどうするでしょう?

簡単に切りますか?それとも自走するまでスタートラインでゆっくり待ち構えますか?
チームマネジメントにはどちらも必要なので簡単には出せない答えですが、
そこもキーポイントは人格ですよね。ブレずに根本部分に立ち返ってbetterな選択をしてみてください。
自身を鏡として良いことも悪いこともチームに見ることが出来たら、あなたのチームは強くなりますよー!

KK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA